1. トップページ
  2. コラーゲンパウダードリンクで赤ら顔が少し減少?

コラーゲンパウダードリンクで赤ら顔が少し減少?

肌が薄いのは生まれつきだと思いますが、学生生活中はどちらかといえば肌がきれいだと言われるタイプでしたので特に悩みなどはありませんでした。しかし、就職しお化粧を本格的に始めたことで目の周りの血管が気になったり、顔がすぐに赤らむことが気になり始めました。さらに仕事を始めたてからは急激に肌の調子が悪くなったように思います。おそらく、寝る時間が遅くなったことや仕事でストレスを感じることが多くなったからです。また大学時代はテニスサークルに所属し適度な運動をしていましたが、仕事はデスクワークのため極端に運動量が減り、夏場でもあまり汗をかかなくなりました。さらにいつでもエアコンの風にさらされ、乾燥した空気の中にいたことも原因になっているかもしれません。

一番困っていることは肌が乾燥することです。お風呂上りすぐでもすでに乾燥が始まっているのか肌がツッパリます。化粧水を塗ってもすぐに吸収してしまい肌がカラカラになっているような感覚があります。そのため、かなり保湿力の高いべったりとしたクリームを塗っています。冬場は良いのですが夏場のべたべたしたクリームはあまり気持ちがよくありません。また、乾燥肌の為お化粧をしたときにファンデーションが粉吹きしてしまいます。本当は薄肌の為か赤ら顔になりやすいので、それを隠すためにもファンデーションを多く塗りたいと思っていますが粉吹きが気になり多く塗れません。また、体調によっては普段使っている化粧品でも肌に合わずヒリヒリするときがあります。

肌に負担をかけないことが第一だと思い、オイルクレンジングからミルククレンジングに変えました。またいつでも洗顔料を使ってごしごしと洗うのが好きでしたが、クレンジングのあとは洗顔料は使わずぬるま湯で優しく洗うようにしました。拭くときもタオルでぽんぽんと柔らかく抑えながら拭くようにしました。食事面では野菜を多くとるようにし、朝と夜はコラーゲンパウダー入りのドリンクを飲むようにしました。そうすることで、乾燥肌と赤ら顔が多少改善したと思います。体調によってはまだまだ肌が荒れているなと思うこともありますが、外側からの改善であるスキンケアを見直し、内側からの改善である食事を気を付けることが大事だなと思いました。

肌を育てる方法例

Copyright (C) 2018 薄い肌の角質層を育てるスキンケア All Rights Reserved.