1. トップページ
  2. 薄い肌にはミルククレンジング

薄い肌にはミルククレンジング

10代の頃は全く肌の薄さを感じていませんでした。気になり始めたのが、20代半ば頃だったと思います。コレといった原因は思いつかないのですが、ゴシゴシと擦るように顔を洗ったり、刺激が強い化粧品を使っていたり、といった雑なスキンケアの積み重ねが理由なのでは、と思っています。基礎化粧品もメイクアップ化粧品も、正しい使い方をマスターしておらず、何となく自己流で使っていました。特にクレンジングは刺激の強いオイルクレンジングを強い力で使っていました。これが肌に悪影響だったのだと思います。この頃は仕事も忙しく、ストレスも溜めがちでした。スキンケアまで手が回らず、また食生活も乱れがちだったのも悪化した原因だと思います。

肌が乾燥しやすく、敏感になりがちで困っています。朝にしっかりと保湿ケアしても、肌が薄いため水分を肌に溜め込むことができず、すぐに乾燥を招いてしまいます。日中にこまめに水分補給させたら良いのでしょうが、勤務中はそんな時間はとれず、夕方になるとカサカサのお肌に。特にオフィスは冷暖房が強く効いているので、乾燥しやすい環境です。乾燥が進むと肌が炎症を起こして赤みや痛みが出るのも厄介です。肌が薄いと刺激を強く感じてしまうため、化粧品選びが難しいところも困っています。化粧品を購入するときは、成分表示を確認し、低刺激の商品を選ぶようにしています。刺激が強い成分が入っていると、湿疹ができたりかゆみが出たりと肌トラブルを起こして、治るまで時間がかかってしまいます。使いたい化粧品を使えない、というのもストレスに感じています。

洗顔・クレンジングを優しく行うことを心がけています。洗顔・クレンジングは敏感肌用の低刺激処方の商品を選び、ゆっくり丁寧に使用するようにしています。肌に刺激を与えないよう、できるだけ肌に触らないようにケアするのがポイント。洗顔料は泡がしっかりと立ち、ヘタらない商品を選んでいます。泡が緩いと洗う時に手のひらが顔に当たってどうしても擦ってしまいます。もっちりとした濃密な泡で撫でるように洗うことを心がけています。クレンジングは、洗浄力がマイルドで、洗い上がりに乾燥しにくいミルクタイプのクレンジングを使用しています。濃いメイクは落ちにくいですが、普段のメイクなら問題なく落とすことができます。保湿力が高いミルククレンジングを使用することで、乾燥が和らいできました。肌が厚くなった感じはありませんが、トラブルを起こす頻度は減ったように思います。