1. トップページ
  2. プラセンタサプリで薄い肌も調子がいい

プラセンタサプリで薄い肌も調子がいい

肌が薄いのは遺伝や体質といった、生まれつき備わっている肌質が原因だと思います。意外なことに、母親は大丈夫のようですが、父親が同じようにトラブル肌です。そのため、遺伝からきているのではないかと思っています。今にして思うと、小学生の頃こそ肌のことはそれほど意識していませんでしたので気が付きませんでしたが、中学生ぐらいになり、顔や肌を意識し始めた頃から薄かったようです。トラブルになりやすいのは、多忙により食生活が乱れたり、疲れがたまったりしたときです。そんな時はすぐに肌トラブルを起こします。また、緊張するイベントの前や、環境が変わったときも肌トラブルを起こしやすいので、ストレスも関連しているように思います。

肌が薄いと、とにかく肌トラブルが多いです。寒冷地に住んでいるので、10代の頃から外に出るとすぐに顔が赤くなっていました。紫外線はもちろんのこと、乾燥や衣類のこすれなどでもトラブルになってしまいます。特に、秋冬の乾燥したシーズンでは、顔が粉ふき状態になってしまうことも多いです。また、敏感肌で肌に合わない化粧品を使うと、すぐに化粧品かぶれを起こしてしまいます。また、乾燥している時期には下地クリームをシッカリ塗ってもファンデーションがのらず、シミなどをカバー出来ません。そのため、ついつい厚塗りになると今度は小じわが目立ってしまうこともあります。また、目の周りのクマなども目立ちやすく、疲れや体調不良の時にはすぐに顔に出てしまうので困ります。顔だけではなく、体もそうです。インナーはコットン製の天然素材しか着用できません。天然素材でも、ウールなど動物性の素材はNGです。さらに、洋服のタグなどが当たると、そこだけ痒くてたまらなくなります。

肌をこれ以上薄くしないためにしているのは、洗顔の時にできるだけ刺激を与えないようにすることです。クレンジングの際は、ゴシゴシとこすりがちですができるだけ洗顔料を肌に馴染ませ、浮かせて落とすことを意識して洗っています。もちろん、洗顔後もタオルでこするなんてもってのほかです。そっと押さえるように水分を拭き取ります。そのため、フェイスタオルにはこだわっています。普通のタオルでは水分の吸収が良くないものが多いので、質の良い日本製、今治タオルなどを選びます。さらに、使いすぎるとごわついてくるので早めに買い換えるようにしています。保湿にも気を遣います。洗顔後は放置せず、すぐにケアします。オールインワンを使いたいのですが、それでは十分い保湿できないのでライン使いでしっかりケアします。とはいえ、いつも気をつけて実行できるわけではありませんが、トラブルになったときに意識するだけでも改善されてくるのを実感できます。また、内側からはプラセンタを服用することもありますが、これは継続できていないこともあり、あまり効果を実感できません。